トップ / 不動産契約と違約金のこと

不動産と違約金について

不動産を賃貸する前に、注意しておきたい点があります。それは、違約金についてです。賃貸をするときは、1ヶ月単位から1年単位で手続をする場合があります。定められている条件は、それぞれの物件により異なります。賃貸をすることを決めるときには、その契約の期間を守る必要があります。というのも、契約期間よりも早く賃貸を辞めるときには、違約金が発生するからです。その価格は、安いものでないことが少なくありません。契約後に失敗するのを防ぐためにも、不動産の契約をするときに契約内容や期間を確認をしておくことが必要です。

パターン

不動産違約金に注意しましょう

不動産の契約をするとき、違約金には注意が必要です。一度売買契約を結ぶと、売主は他の譲渡先を探すのをやめ、買主も他の物件を探す活動を終わらせます。しかし、ほかに、よりいい物件を見つけたなど、買主の都合で売買をやめる場合は、手付金を放棄して返さなくてよいとし、売主が、やはり売るのをやめたり、より高値で売れる相手に売る場合などは手付金を倍返しするのが一般的ですが、売買契約で条件を定めておきます。なお、ローン特約といって、買主が、ローンを通らない場合は違約金なしで解約できるとする特約を付けることもありますが、契約に特約がない場合はその場合も手付は戻りません。不動産契約、解約を前提にしていなくても、もしもの時に備えて、キャンセルの際の条件にも注意しましょう。