トップ

不動産売買における印紙代

不動産の売買を行う時に、いろいろな税金がかかりますが、その中の一つに印紙税があります。住宅の購入や売却など、売買契約を交わす際に、契約書には必ず収入印紙を貼付し、押印をして納税をする義務があります。また、売買だけでなく、賃貸や、住宅ローンなどお金の貸し借りをする場合も、同様に契約書には印紙が必要です。印紙代は、売買契約や賃貸契約、請負契約などで税額が違い、契約書に記載された金額によって決まっています。不動産購入時は印紙税もかなり大きな金額となるので、事前に金額を調べ、必要経費として、諸費用のうちに組み入れておく必要があります。

パターン

不動産購入には印紙代が必要です

不動産購入には、税金が掛かります。印紙税・消費税・登録免許税等の税金です。印紙代とは、住宅の売買契約書・ローンの契約書を交わす時に、掛かる税金で、記載された金額により金額が変わってきます。印紙代は、書類に貼りつけることで、税金を納税したと確定させるものです。金額につきましては、僅かなものですが、不動産の売買につきましては、一生に一度の買い物である為に高額になりますので高額になります。もっとも、この税金につきましては軽減措置がとられており、消費税の引き上げの影響を避ける意味もあって、更に軽減措置が拡大されました。